2017年9月20日水曜日

熟地黄(ジュクジオウ)


養血滋陰、補精益髄
1.血虚による顔色の萎黄、眩暈、動悸、不眠、月経不順、不正性器出血などの病証に用いる。
熟地黄は補血の主要薬である。
常に血虚証と婦人の月経不順に使用する。
たとえば、当帰川芎白芍を配合した四物湯は、補血調経の基本方剤となっている。
臨床では、違った病証によって加減して使用する。
2.腎陰不足による潮熱、盗汗、遺精、消渇などの病証に用いる。
本品は、滋陰の主薬でもある。
たとえば、六味地黄丸は、山薬山茱萸などを配合して、腎陰不足による各証候に使用される方剤である。
このほか、精血虚虧による腰がだるい、下肢の無力、頭のふらつき、目のかすみ、耳鳴、難聴、病的白髪などにも用いられる。
これは、本品の補精益髄の効能を利用したものである。
 
※熟地黄は生地黄より滋潤性がありしつこいので、消化を障害しやすい。
湿阻気滞による痰多、腹が脹って痛む、食欲不振、泥状便には禁忌である。

0 件のコメント:

コメントを投稿