2017年8月25日金曜日

黄連(オウレン)


清熱燥湿、瀉火解毒
1.腸胃湿熱による下痢、赤痢、嘔吐などの証候に用いる。
単独でも有効である。
一般に木香を配伍して香連丸を使用する。
赤痢、発熱があるときに葛根、黄芩を配伍する。例:葛根芩連湯。
肝火あるいは胃熱による嘔吐に用いるときに、呉茱萸を配伍する。例:左金丸。
あるいは半夏、竹筎などを配伍する。例:黄連橘皮竹筎半夏湯。
みな清熱降逆止嘔の効能がある。
2.熱病による熱盛火積、壮熱、煩躁、意識不明、譫言などに用いる。
黄芩、山梔子を配伍する。例:黄連解毒湯。
心火亢盛による煩躁、不眠、血熱迫行による吐血、衄血、血便などに黄芩、芍薬、阿膠を配伍する。例:黄連阿膠湯。
3.癰腫瘡毒、疔毒、耳腫、目痛などに用いる。
常に黄芩、山梔子、連翹などを配伍する。例:「外科正宗」の黄連解毒湯。
耳目腫痛では外用できる。
粉末あるいは浸汁で局部に塗る。
このほか胃火熾盛による消殻善肌、煩渇多飲の中消証に用いるときは、天花粉、地黄を配伍する。例:崔氏方。

0 件のコメント:

コメントを投稿