2017年8月28日月曜日

紅花(コウカ)


活血祛瘀、通経
1.生理痛、血滞による無月経、産後瘀阻による腹痛、癥瘕積聚、打撲損傷および関節疼痛などの証候に用いる。
紅花は心、肝の血分に入り、性味は辛酸、温通で、活血祛瘀、通調経脈をすることができる。
前述した瘀阻による証候には、よく桃仁、当帰、川芎、赤芍薬など活血祛瘀薬を配合して使用する。
2.斑疹の色が暗く、熱鬱血滞によるものに用いる。
活血祛瘀の効能を利用して化滞するわけである。
当帰、紫草、大青葉など活血凉血、泄熱解毒薬を配合する。例:当帰紅花飲。
紅花は活血祛瘀の力が強い。
近年来、臨床で多種の瘀血阻滞、あるいは血行不暢の証候に用いられる。
たとえば冠心病による狭心痛にはよく丹参、川芎、赤芍薬などを配合して使用する。
血栓閉塞性脈管炎の気滞血瘀に属するものには、よく当帰、桃仁、赤芍薬、乳香、没薬を併用する。
※妊婦には使用しない。

0 件のコメント:

コメントを投稿