2017年8月28日月曜日

芒硝(ボウショウ)


瀉熱通便、潤燥軟堅、清熱消腫
1.実熱積滞、大便燥結に用いる。
芒硝は瀉熱通便、潤燥軟堅ができる。
熱結を下す作用を増強するため、常に大黄とともに用いられる。例:大承気湯、調胃承気湯。
2.咽痛、口瘡、目赤および瘡瘍などに用いる。
多くは外用し、熱を清除する。
たとえば咽痛、口瘡を治療する氷硼散は、玄明粉と硼砂、朱砂、氷片などと一緒に用いる。
咽喉の疾病を治療する西瓜霜は、芒硝を西瓜の中に置いて作ったものである。
玄明粉も水に溶解して、滴眼、瘡を洗うことができる。
乳癰(乳腺炎)を治療するには、芒硝で湿布して、腫塊を消散することができる。
※妊娠中の婦人には禁忌。

0 件のコメント:

コメントを投稿