2017年8月23日水曜日

山茱萸(サンシュユ)


補益肝腎、収斂固渋
1.肝腎虚虧による眩暈、腰や膝がだるく無力、インポテンツなどに用いる。
山茱萸は補益肝腎の作用があり、精を補うこともできれば、陽を助けることもできる。
たとえば熟地黄、山薬、沢瀉などを配伍した六味地黄丸は、肝腎陰虚の基本の方剤としている。
腎陽不足によるインポテンツ、滑精などには、補骨脂、当帰、麝香を配伍する。例:草還丹。
2.遺精、滑精、尿失禁、自汗などに用いる。
たとえば桑螵蛸、覆盆子、益智仁、沙苑子などを配伍し、尿失禁に使用する。
人参、附子、竜骨、牡蠣などを配伍し、大汗がしたたる虚脱証によい効果がある。
このほか、収斂止血の作用がある。
たとえば烏賊骨、茜草炭、棕皮炭などを配伍する固衛湯は、不正性器出血、月経過多に使用する。

0 件のコメント:

コメントを投稿