2017年8月23日水曜日

生地黄(ショウジオウ)

 
 
清熱涼血、養陰生津
1.温熱病で熱入営血、身熱、口乾、舌絳あるいは紅などの証に用いる。
本品は、清熱凉血と養陰の作用がある。
犀角、玄参を配伍し、清営陰の効能を増強する。例:清営湯。
温熱病の後期に、夜間になると発熱するが朝には解熱する証候および陰虚内熱による潮熱証に用いるときに、知母、青蒿、鼈甲などを配伍する。例:青蒿鼈甲湯。
2.熱が血分にあり迫血妄行し、吐血、衄血、尿血、崩漏、下血などの証に使用する。
側柏葉、生荷葉、艾葉などを配伍する。例:四生丸。
血熱毒盛による斑疹紫黒証に用いるときに、犀角、牡丹皮、赤芍薬などを配伍する。例:犀角地黄湯。
3.熱病傷陰、舌紅口乾、あるいは口渇多飲および消渇証にある煩渇多飲証に用いる。
麦門冬、沙参、玉竹を配伍し、養胃陰、生津液の作用がある。例:益胃湯。
消渇証を治すときに葛根、天花粉、五味子などを配伍する。例:玉泉散。
熱邪がはなはだしく、陰液を焼き、腸燥便秘をあらわすときに、麦門冬、玄参を配伍する。例:増液湯。

0 件のコメント:

コメントを投稿