2017年8月25日金曜日

栝楼根(カロコン)



清熱生津、消腫排膿
1.熱病では熱邪による傷津、口乾舌燥し、煩渇、および消渇証の口渇、多飲に用いる。
芦根、白茅根、麦門冬を配伍し、熱病煩渇に用いる。
葛根、五味子、知母などを配伍し消渇証に用いる。例:玉益湯。
2.肺熱咳嗽、あるいは乾咳、粘稠な痰、咳血などの証に用いる。
本品は清泄肺熱し、降膈上熱痰、潤肺燥できる。
貝母、桑白皮、桔梗などを配伍する。例:射干兜鈴湯。
3.癰腫燥瘍、虚飾の紅腫痛などに用いる。
外用でも内服でも、清熱瀉火、排膿散腫の効能を持つ。
内服で、金銀花、貝母、皂角刺などを配伍する。例:内消散。
このほか、中気妊娠を中止するときに催産剤として用い、天花粉制剤を筋注する。
悪性葡萄胎および絨毛膜上皮癌にも効く。

0 件のコメント:

コメントを投稿