2017年8月23日水曜日

荊芥(ケイガイ)


祛風解表、止血
1.外感風寒、頭痛、発熱、悪寒、無汗などの症候に用いる。
荊芥は祛風解表、辛温であるが、温であっても燥の性質はなく、辛涼解表薬に配合すると疏散風熱の作用を増強する。
それゆえ、発熱、頭痛、鼻塞、咽喉痛、結膜炎などの風熱症状に適用する。
風寒、風熱ともに用いてよいが、風熱には連翹、薄荷、桔梗などを配伍する。例:銀翹散。
2.透疹、止痒に用いる。蕁麻疹、風疹、麻疹に使用すると、斑疹の発散と消退を速め、痒みを止める。
薄荷、蝉退、牛蒡子などを配伍する。
3.潰瘍の始まり、表証がある場合に使われる。
常に防風、銀花、連翹などを配伍する。
4.出血に用いる。荊芥炭を用いるが、他の止血薬を配伍する必要がある。
鼻出血、便血、崩漏などに使われる。

0 件のコメント:

コメントを投稿