2017年8月25日金曜日

山梔子(サンシシ)


瀉火除煩、清熱利湿、凉血解毒
1.熱病心煩、鬱悶、煩躁などの証に用いる。
本品は消瀉心による肺、胃経の火邪、除煩によい。
淡豆豉を配伍すると、解鬱除煩の効能がある。例:梔子豉湯。
もし火毒熾盛で、高熱、煩躁、意識不明、譫言などの証を表す者には、黄連、連翹、黄芩など凉血解毒、瀉火除煩の品を配伍する。例:清瘟敗毒飲。
2.肝胆湿熱鬱結による黄疸、発熱尿短赤などの証候に用いる。
本品は、清利湿熱、利胆退黄の効用がある。
茵蔯蒿、大黄を配伍し、利湿退黄の効能を増強する。例:茵蔯蒿湯。
黄柏を配伍し、清除湿熱の効能を増強する。例:梔子柏皮湯。
3.血熱妄行による吐血、衄血、尿血などに用いる。
本品は凉血止血作用がある。
白茅根、乾地黄、黄芩を配伍する。
このほか、生梔子の粉末を水あるいは酢で糊状に練って湿布する。
外傷性による腫痛に消腫止痛の効能がある。

0 件のコメント:

コメントを投稿