2017年8月28日月曜日

連翹(レンギョウ)


清熱解毒、清癰散結
1.外感風熱あるいは温病の初期の発熱、頭痛、口渇などの証候に用いる。
銀花を相須として、牛蒡子、薄荷を配伍する。例:銀翹散。
連翹心を犀角、蓮子心と配伍し、熱邪陥入心包、高熱、煩躁、神昏証を治す。例:清宮湯。
2.熱毒蘊結による各種瘡毒癰腫、瘰癧結核などの証に用いる。
野菊花、金銀花、天花粉を配伍し、癰腫瘡癤を治す。
夏枯草、玄参、貝母を配伍し、瘰癧結核を治す。
解毒散結消腫の効能を増強する。

0 件のコメント:

コメントを投稿