2017年8月21日月曜日

桂枝(ケイシ)



発汗解表、温通通陽

1.外感風寒による頭痛、発熱、悪寒などの証に用いる。
本品は辛散により温通の作用をもち、肌表に行き解表することができる。
外感風寒に用いれば、表虚による悪風、発熱、有汗証に対し、常に白芍を配伍して営衛を調和する。例:桂枝湯。
表実による無汗証に対しては、桂枝は和営通陽で麻黄を配し、相須作用により発汗を助ける。例:麻黄湯。
2.風寒湿痺、特に肩や上肢の関節痛(関節リウマチ、神経痛など)に対して用いる。
桂枝は袪風寒湿邪、温経通絡できるので疼痛を緩解する。
常に附子を配伍する。例:桂枝附子湯。
3.心脾陽虚による陽気不行、水湿内停の痰飲証に用いる。
本品は温化水湿の効能をもち、常に茯苓、白朮などを配伍する。
温運脾陽で化湿利水する。
もし、膀胱の気化が不利であれば、小便不利、水腫証などが表れる。
本品は膀胱の気を温めることができ、常に茯苓、沢瀉などを配伍すると滲水利湿の効能がある。例:五苓散。
4.胸痺による胸痛、心悸、脈結代証に用いる。
温通胸中陽気でき、常に瓜萎、薤白とともに用いる。例:枳実薤白桂枝湯。
このような通陽作用は、助陽復脈により心悸、脈結代証に用いることができる。
炙甘草、人参、阿膠などを配伍することが多い。例:炙甘草湯。
5.経寒瘀滞による経閉、痛経、癥瘕などの証に用いる。
温通血脈、散寒逐瘀の作用がある。
常に当帰、川芎とともに用い、通経活血ができる。例:温経湯。
牡丹皮、桃仁を配伍し、逐瘀消癥する。例:桂枝茯苓丸。

0 件のコメント:

コメントを投稿