2017年8月29日火曜日

膠飴(コウイ)


補脾益気、緩急止痛、潤肺止咳
1.疲労しすぎたことで生じた脾虚、気短無力、食欲不振などに適する。
飴糖には補脾益気の効果があり、桂枝、白芍、炙甘草などを配伍する小建中湯は効果がある。
2.虚寒の腹痛、喜按、喜温、食べると痛みが減るなどの虚寒に用いる。
飴糖には補虚緩急止痛の作用があるので、小建中湯は虚寒の腹痛にも有効な方剤である。
飴糖に花椒、乾姜、人参を配伍した大建中湯は虚寒の胸腹の激痛に治療効果がある。
3.肺虚による乾咳、無痰、気短、喘息などに用いる。
飴糖には補虚潤肺止咳の作用があり、単独で使用するか、杏仁、百部などの止咳平喘薬と一緒に使用する。
また民間では、稲ののぎや魚の骨を食べてしまったときに飴糖を頻回に食べると、胃腸の保護や稲ののぎや魚の骨の排出の助けになるとされている。
※飴糖は甘いので、湿熱、腹部の膨満を生じやすいので、湿熱内鬱、?腹膨満、嘔吐、痰熱、咳嗽、小児消化不良などには使用しない方がよい。

0 件のコメント:

コメントを投稿