2017年8月29日火曜日

竜眼肉(リュウガンニク)


補心脾、益気血
1.心脾両虚による驚きやすい、動悸、不眠、健忘に用いる。
龍眼肉はしつこくなくて、また気機を障害しないので、よい補益薬である。
常に精神過労により心脾を損傷して引き起こした前述の病症に使用する。
単味でも効果がある。
効力を増強するために黄耆、人参、当帰、酸棗仁などの補気養血安神薬を配合することもできる。例:帰脾湯。
2.気血不足証に用いる。
たとえば玉霊膏は龍眼肉に砂糖を加えて、蒸してお湯で沖服する。
気血不足証を治療する。
※湿邪停滞による腹脹あるいは痰飲、火熱証には禁忌である。

0 件のコメント:

コメントを投稿