2017年8月28日月曜日

浜防風(ハマボウフウ)


清肺養陰、益胃生津
1.肺陰虚による慢性の咳嗽、乾咳、痰が少ない、喀血などに用いる。
沙参は肺熱をさまし、肺陰を補うことができる。
燥熱が陰液を損傷して起こった乾咳、痰が少ない、咽喉乾燥、口渇には、麦門冬、玉竹、桑葉などを配合する。例:沙参麦門冬湯。
『衛生簡易方』には沙参に知母、貝母、麦門冬、鼈甲などを配合し、陰虚内熱による咳嗽、喀血に用いると述べている。
2.熱病で津液が消耗されて起こった口渇、食欲不振などの証に用いる。
麦門冬、生地黄、玉竹などを配合した、益胃湯を使用する。
もし津液がひどく損傷され、咽喉乾燥、舌質が絳で滋陰潤性がないなどが見られると、常に沙参、生地黄、石斛の新鮮品をいっしょに使用する。

0 件のコメント:

コメントを投稿