2017年8月28日月曜日

滑石(カッセキ)


利水通淋、清熱暑熱
1.尿量減少、排尿痛、排尿困難などに用いる。
滑石の性は寒で滑、寒は清熱でき、膀胱の熱結を除去し、小便を通利させることができ、湿熱による淋証の常用薬である。
たとえば、熱淋を治療する滑石散は、木通を煎湯して、滑石粉を配合服用する。
淋病を治療する八正散にも配合されている。
2.暑熱による煩躁、口渇、湿温による胸苦、湿熱による下痢などに用いる。
滑石は利湿もできるし、暑熱を清解することもでき、よく暑湿症に用いられる。
甘草を配合すると、六一散となって、上述の病症に使用する。
また他の清暑化湿薬を配伍することもできる。
このほか、湿疹、あせも、瘡瘍などの皮膚病に用いる。
外用として清熱収斂の作用がある。
単味で、あるいは石膏、炉甘石、桔礬などを配合する。

0 件のコメント:

コメントを投稿