2017年8月23日水曜日

沢瀉(タクシャ)


利水滲湿、泄熱、除痰飲
尿量減少、浮腫、水曜便、淋病、白帯増多、痰飲などに用いる。
沢瀉は甘淡、滲湿で、利水作用は茯苓に似て、水湿症の常用薬となる。
また腎と膀胱の熱を排出することができ、とくに下焦湿熱証に適している。
利水作用を増強するためによく茯苓、猪苓などを配合する。
水様便と痰飲による眩暈には、白朮を配伍する。例:沢瀉湯。

0 件のコメント:

コメントを投稿