2017年8月23日水曜日

防風(ボウフウ)


祛風解表、勝湿、止痛、解痙
1.外感風寒による頭痛、心痛、悪寒などの証に使用する。
主な作用は発散表邪、祛風止痛である。
常に荊芥、羗活、前胡などを配伍する。例:荊防敗毒散。
防風の性は微温で薬性は穏やかで、外感風熱による発熱頭痛、目赤などの証にも使用する。
常に荊芥、黄芩、薄荷、連翹などを配伍する。
もし風熱による発疹、皮膚掻痒証なら、防風は荊芥、白蒺藜を配伍して使用する。
その作用は祛風止痒である。
2.風寒湿痺、関節疼痛、四肢攣急などの証に用いる。
常に羗活、当帰を配伍する。
3.破傷風による後弓反張、牙関緊急、痙攣などの証に用いる。
防風は肝経に入り、天南星、白附子を配伍する。例:玉真散。

0 件のコメント:

コメントを投稿