2017年8月28日月曜日

黄耆(オウギ)


補気昇陽、固表止汗、托毒排膿、利水退腫
1.脾肺気虚あるいは中気下陥の証に用いる。
脾は生化の源であり、肺は一身の気を主るものであるので、もし脾肺気虚であれば、食欲不振、泥状便、息切れ、無力などの症状が現れる。
中気下陥の証を兼ねれば、慢性下痢、脱肛、子宮脱などの症状が現れ、気虚で血液を統摂することができなければ、便血、崩漏などの症状が現れる。
黄耆は補気の主薬で、脾肺の気を補うことができるし、陽気を昇挙することもできるので、以上の諸症状の治療に使用することができる。
ただし気虚の症状によって、違った配合を考えなければならない。
人参と配合して、久病後の虚弱に用い、白朮と配合して、脾気虚弱による食欲不振、泥状便あるいは慢性下痢に用い、当帰と配合して、気血両虚証に用い、附子と配合して、気虚陽衰、畏寒、汗が多いなどの症状に用いる。
中気下陥による慢性下痢、脱肛、子宮脱などの症状に対して、黄耆と人参、白朮、升麻などを配合し、補気昇陽の作用を強める。例:補中益気湯。
気虚で血液を統摂することができず生じた便血、崩漏などの症状に対して、人参、龍眼肉、酸棗仁などを配合する。例:帰脾湯。
2.衛気虚による自汗症に用いる。
黄耆には益気固表の作用があり、牡蠣、小麦、麻黄根を配合して、牡蠣散となり、自汗症の治療に用いる。
乾地黄、黄柏など滋養降火の薬物を配合して、陰虚による盗汗にも効果がある。例:当帰六黄湯。
3.気血不足による自潰排膿しない癰疽、自潰したが傷口がなかなか癒合しない癰疽の治療に用いる。
黄耆には托毒生肌の効能があり、当帰、穿山甲、皂角刺などを配合して、方剤は透膿散となり、自潰排膿できない癰疽に使用する。
当帰、人参、桂皮などを配合して、方剤は十全大補湯となり収斂、生肌に使用する。
4.浮腫、小便不利に用いる。
黄耆は利尿して浮腫を消退させることができるので、気虚、水湿停滞による肢体の浮腫、顔面の浮腫、小便不利の症状に、防已、白朮などを配合する。例:防已黄耆湯。
黄耆に桂枝、白芍、生姜、大棗を配合した黄耆桂枝五物湯は、肢体のしびれに使用し、羗活、防風、当帰、姜黄などを配合した蠲痺湯は、肩と上肢の風湿痺痛の治療に使用する。
黄耆を主として、また当帰、川芎、桃仁、紅花などの活血化瘀薬を配合し、方剤は、補陽還五湯となり、卒中後遺症の半身不随に用いる。
黄耆に乾地黄、麦門冬、天花粉などの養陰生津薬を配合し、益気生津の効果を強めて、消渇証に用いる。

0 件のコメント:

コメントを投稿