2017年8月25日金曜日

厚朴(コウボク)


行気、燥湿、消積、平喘
1.湿阻、食積、気滞による脾胃不和、腹部膨満に用いる。
厚朴は苦燥湿、辛散温で、虚寒できるので、行気、燥湿、消積の作用が顕著である。
本品は消除脹満の要薬でおよそ湿阻、食積、気滞に至る脘腹脹満に活用し、一般に実脹に用いる。
『斗門方』には、上腹部膨満を治療するのに、姜汁で加工した厚朴を粉末にし、古い米のおも湯で服用する。
複方としては、証によって他の薬物を配伍すべききである。
湿阻中焦には蒼朮、陳皮を配合した平胃散を、積滞便秘には大黄、枳実を配合した大・小承気湯を使用する。
もし虚寒による脹満なら、人参、甘草、生姜などの益気、温中の薬物に厚朴を補助的に加える方がよい。
2.咳嗽、呼吸困難、痰が多いのに用いる。
厚朴は肺気を下し、痰液を除去し、呼吸困難、咳嗽を鎮めることができる。
たとえば『傷寒論』の中で、桂枝湯証のうえに喘息が見られると、桂枝湯に厚朴、杏仁を加えて服用する。

0 件のコメント:

コメントを投稿