2017年8月22日火曜日

生姜(ショウキョウ)


発表解表、温中止嘔、温肺止咳
1.外感風寒、悪寒発熱、頭痛、鼻塞などの証に用いる。
本品は辛散発表で、辛温解表剤に加えると、発汗効果が増強する。
桂枝湯などの方剤は、等しく本品が入っている。
軽い感冒には、生姜に黒砂糖を加えた煎湯を熱服すればよい。
2.胃寒による嘔吐に用いる。
温胃和中、降逆止嘔ができる。
配合する薬によって、いろいろな嘔吐が治せる。
常に半夏とともに用い、胃寒嘔吐を治す。例:小半夏湯。
もし熱証による嘔吐を治すときは竹筎、黄連などを配伍する。
3.風寒客肺の咳嗽に用いる。
温肺除痰止咳の効能がある。
常に他の散寒止咳薬を配伍する。
このほか、本品は半夏、天南星、魚蟹の解毒に用いる。

0 件のコメント:

コメントを投稿