2017年8月28日月曜日

石膏(セッコウ)


清熱瀉火、除煩止渇
1.温病で邪が気分にあり、壮熱、煩渇、脈洪大などの実熱亢盛証に用いる。
知母を配伍する。例:白虎湯。
もし、邪気が深く入って高熱、斑疹、意識傷害、譫言、皮下出血などの営分証、血分証のときには、犀角、牡丹皮、玄参などの清熱凉血薬を共同で用いる。例:清瘟敗毒散。
2.肺熱による咳嗽、痰稠、発熱、喘息などの証に使用する。
肺熱による咳、発熱を治すときに甘草、竹瀝を配伍する。
肺熱による喘息を治すときに、麻黄、杏仁などを配伍する。例:麻杏石甘湯。
3.胃火上炎の頭痛、歯齦腫痛炎などに用いる。
本品は胃火を瀉す。
常に生地黄、知母、牛膝などを配伍する。例:玉女煎。
4.煅石膏粉を外用すると、失神、水(湯)、火によるやけどに清熱収斂の効能がある。
単独で用いるか、あるいは青黛、黄柏などを配伍する。

0 件のコメント:

コメントを投稿