2017年8月28日月曜日

白芷(ビャクシ)


解表、祛風燥湿、消腫排膿、止痛
1.外感風寒、頭痛、鼻塞に用いる。
防風、羗活を配伍する。例:九味羗活湯。
2.陽明経頭痛、眉棱骨痛、頭風痛、歯痛に用いる。
本品は芳香上達し、祛風止痛する。
単用では、都梁丸である。
川芎、防風などを配伍するのは川芎茶調散で、副鼻腔炎による頭痛を治す。
主薬として、蒼耳子、辛夷などを配伍する。例:蒼耳子散。
3.瘡癰腫脹痛に用いる。
化膿しているがまだ潰れていない瘡、癰を消散させ、すでに潰れている瘡、癰を排膿する。
乳痛に瓜萎、貝母、蒲公英を配伍し、瘡腫に銀花、天花粉を配伍する。
4.婦人の寒湿による帯下に用いる。
燥湿止帯することができる。
常に海螵蛸、白朮、茯苓などを配伍し応用する。
湿熱による帯下にも、黄柏、車前草などを配合する。
皮膚掻痒証にも使い祛風止痛できる。

0 件のコメント:

コメントを投稿