2017年8月29日火曜日

杜仲(トチュウ)


補肝腎、強筋骨、安胎
1.肝腎不足による腰や膝のだるい痛み、あるいは無力などの病症に用いる。
杜仲は肝腎を補い、筋骨を強めることができるので、前述の病症を治療する腫瘍薬となる。
よく破故紙(補骨脂)、胡桃肉などと配伍する。例:青娥丸。
また、肝腎虚寒によるインポテンツ、頻尿などに用いられる。
山茱萸、莵絲子、破故紙(補骨脂)など温補固渋薬を配合して使用する。
2.切迫流産あいは習慣性流産に用いる。
肝腎が不足すれば、正常の妊娠に影響を与える。
杜仲は肝腎を補うことができるので、流産防止作用がある。
たとえば切迫流産に使用する杜仲丸は、杜仲の粉末と大棗とを丸剤にしたものである。
『簡便単方』では、川続断、山薬を配合して習慣性流産に用いることが述べられている。
このほか、白芍、石決明、夏枯草、黄芩などを配合して肝陽上亢による眩暈を治療する。
※陰虚火旺証には慎重に用いる。

0 件のコメント:

コメントを投稿