2017年8月23日水曜日

独活(ドッカツ)


祛風勝湿、止痛、解表
1.風湿痺痛に用いる。
独活の辛味は風邪を発散し、苦味は湿邪を燥することができるので、祛風湿、止痛の作用が著しい、筋肉や関節が風寒湿邪に侵犯された場合、病程の長さにかかわらず、みな用いられる。
特に下半身の痺症に適している。
寒湿による腰部や膝部の疼痛、両足の無力や痛んで行けないなどには、いつも主薬として用いる。
臨床に際しては、別の祛風湿薬のほか、地黄、杜仲、桑寄生などの補肝腎薬を配合することもでき、標本同治を目的とする方剤は独活寄生湯である。
2.湿邪を伴っている風寒表証に用いる。
風寒湿邪を発散することができるが、解表力は羗活より弱く、常に羗活と一緒に使用する。
このほか、少陰頭痛、皮膚の湿疹に用いられる。
※日本ではウドの地下部のうち根茎部や宿根を独活といい、側根や若根を和羗活という。(和羗活はウコギ科ウドの根なので、セリ科の羗活と区別する。ただ、薬性は類似。)

0 件のコメント:

コメントを投稿