2017年8月23日水曜日

牡丹皮(ボタンピ)


清熱涼血、活血散瘀
1.温熱病で熱入血分による発斑疹、および血熱妄行による吐血、衄血証に用いる。
犀角、生地黄を配伍する。例:犀角地黄湯。
2.温熱病の後期に、陰分伏熱による発熱、あるいは、夜間になると発熱するが朝には解熱するもの、あるいは陰虚内熱証に用いる。
本品は退虚熱の効能を持つ。
常に知母、鼈甲、生地黄などを配伍する。例:青蒿鼈甲湯。
婦人の月経周期が短く、生理前に発熱する証にも用いる。
芍薬、黄芩、柴胡などを配伍する。例:宣郁通経湯。
3.血滞による無月経、生理痛あるいは癥瘕などに用いる。
桂枝、桃仁などを配伍する。例:桂枝茯苓丸。
打撲捻挫による内出血にも用いる。
乳香、没薬を配伍する。
4.癰腫瘡毒および内癰に用いる。
外癰を治すとき、金銀花、連翹、白芷を配伍する。
腸癰のはじめに、大黄、桃仁、冬瓜子を配伍する。例:大黄牡丹皮湯。

0 件のコメント:

コメントを投稿