2017年8月28日月曜日

竜胆(リュウタン)


清熱燥湿、瀉肝火
1.湿熱による黄疸、陰腫陰痒、白帯、湿疹などに用いる。
黄疸を治すときに茵蔯蒿、山梔子を配伍する。
陰腫、陰痒、白帯、湿疹を治すときに苦参、黄柏、車前子を配伍する。
2.肝経熱盛による高熱、痙攣、涼厥に用いる。
釣藤鈎、黄連、牛黄などを配伍し、平肝清熱熄風の効能がある。例:凉驚丸。
3.肝経実熱による肋痛、頭痛、口苦、目赤、難聴、阻腫阻痒などに用いる。
柴胡、黄芩、木通などを配伍する。例:竜胆瀉肝湯。

0 件のコメント:

コメントを投稿