2017年8月29日火曜日

貝母(バイモ)


化痰止咳、清熱散結
1.肺虚の慢性咳嗽、痰が少ない、咽が渇く、また外感風熱の咳嗽および痰熱の咳嗽、痰が黄色で粘稠である証に用いる。
川貝母も浙貝母も清肺化痰止咳の作用があるので、よく知母と配合されて、痰熱咳嗽に用いられる。例:二母散。
しかし川貝母の性味は凉かつ甘で、潤肺の効能も兼ねているので、よく沙参、麦門冬、天門冬など養陰潤肺の薬物を配合し、肺虚の慢性咳嗽、痰少、咽喉乾燥などの証に用いる。
浙貝母の性味は苦寒で、開泄、清火散結の作用が比較的強いので、よく桑葉、牛蒡子、前胡、杏仁など宣肺祛痰の薬物を配合して、外感風熱あるいは痰熱の咳嗽に用いる。
2.癥瘕瘡瘍腫毒および乳癰、肺癰などの証に用いる。
川貝母も浙貝母も清熱散結の効能があるが、浙貝母のほうが比較的強い、瘰癧を治療するときに、玄参、牡蠣などを配合する。例:消類丸。
瘡瘍、乳癰を治療するときに、蒲公英、天花粉、連翹などを配合し、肺癰を治療するときには、十薬、芦根、薏苡仁などを配合する。
また、甲状腺腫瘍を治療するときに、浙貝母に夏枯草、海藻、昆布、莪朮などを配合して使用されることもある。
※烏頭との配合は禁忌。

0 件のコメント:

コメントを投稿