2017年8月22日火曜日

芍薬(シャクヤク)



養血斂陰、柔肝止痛、平抑肝陽
1.生理不順、生理痛、不正性器出血、自汗、盗汗に用いる。
養血調経の作用があるので、よく婦人科の疾患に使用する。
たとえば生理を整える基本的な方剤とする四物湯は、芍薬と当帰、川芎、熟地黄との配合である。
月経痛には香附子、延胡索(芎帰調血飲第一加減)、不正性器出血には、阿膠、艾葉炭を加えることができる。
白芍は、また斂陰止汗の作用がある。
たとえば桂枝、甘草、生姜、大棗を配合した桂枝湯は、調和営衛の効能があって、風寒を感受した、表虚による自汗、悪風に用いる。
陰虚陽浮による盗汗には牡蠣、竜骨、柏子仁などを配合する。
2.肝気不和による脇肋部や腹部の疼痛、あるいは四肢の筋肉痙攣と疼痛に用いる。
白芍は養血柔肝、緩急止痛の作用がある。
たとえば血虚、肝気鬱結による脇肋部の疼痛を治療する逍遙散は、白芍に、当帰、白朮、柴胡などを配合したものである。
肝脾不和、腹部の痙攣性疼痛と血虚による四肢の痙攣、疼痛には、甘草を配合する。例:芍薬甘草湯。
腹痛、下痢に用いる痛瀉要方は、防風、白朮、陳皮を配合したものである。
赤痢による腹痛には、木香、檳榔、黄連などを配合する。例:芍薬湯。
3.肝陽上亢による頭痛、眩暈に用いる。
多くは生地黄、牛膝、代赭石などを配合する。例:建瓴湯。

0 件のコメント:

コメントを投稿