2017年8月28日月曜日

猪苓(チョレイ)


利水滲湿
尿量減少、浮腫、水曜便、淋病、白帯多量などに用いる。
猪苓は甘淡滲泄で、利水作用は茯苓より強い。
およそ水湿が停滞した病症には、すべて用いられる。
古方に単味で使用したことがある。
たとえば『小品方』は妊娠子淋(妊娠中の淋病)を、『楊氏産乳方』は全身浮腫を、『子母秘録』は、妊娠期間の下肢浮腫を治療するのに、みな単味で粉末にしてお湯で服用している。
臨床には、よく他の薬物といっしょに使用する。
たとえば尿量減少、水腫には、茯苓、沢瀉などの利湿薬を配合する。例:四苓散。
陰虚には阿膠、滑石などを配伍する。例:猪苓湯。

0 件のコメント:

コメントを投稿