2017年8月28日月曜日

菊花(キクカ)


疏風清熱、解毒、明目
1.外感風熱および温病初期の発熱、頭痛証に用いる。
本品は上焦風熱や頭目を清することができる。
桑葉を相須し、薄荷、荊芥を配伍する。例:桑菊飲。
2.肝経風熱あるいは肝火上亢による眼赤腫痛証に用いる。
桑葉、蝉退、夏枯草などを配伍し、肝腎陰虚による眼がかすむ証にも用いて枸杞子、地黄を配伍する。例:杞菊地黄丸。
3.肝風頭痛と肝陽上亢による頭痛、めまい証に用いる。
石決明、白芍、釣藤鈎を配伍する。
※外感風熱に使われる場合、黄菊花を使用する。
清熱明目平肝のときは、白菊花を使用する。

0 件のコメント:

コメントを投稿