2017年8月28日月曜日

天麻(テンマ)


熄風解痙、平肝潜陽
1.熄風内動、驚癇痙攣などの証に用いる。
天麻は熄風解痙、肝風内動に対する主薬で、また驚風痙攣の証に対して、寒証、熱証にかかわらず、ほかの薬物と配合して使用することができる。
小児のひきつけに対して、釣藤鈎、羚羊角、全蝎などを配合する。例:鈎藤飲。
小児の慢性ひきつけに対して、人参、白朮、白僵蚕などを配合する。例:腥脾散。
破傷風によって生じた痙攣、後弓反張などの症状に、天南星、防風、白附子などを配合する。例:玉真散。
2.肝陽上亢による眩暈、頭痛などの証に用いる。
天麻には著しい平肝潜陽の効果があり、よく釣藤鈎、黄芩、牛膝などを配合して、肝陽上亢による眩暈、頭痛の治療に使用する。例:天麻鈎藤飲。
風痰上擾による眩暈を治療するときには、半夏、白朮、茯苓などを配合する。
たとえば、半夏白朮天麻湯を使用し、頭痛、偏頭痛の治療に、川芎を配合して天麻丸を使用する。
また天麻には祛風湿、止痺痛の効能があり、秦艽、羗活、牛膝、桑寄生などを配合して、風湿痺痛による四肢のしびれ、運動障害などの証に用いる。

0 件のコメント:

コメントを投稿