2017年8月28日月曜日

釣藤鈎(チョウトウコウ)


熄風止痙、清熱平肝
1.驚癇、痙攣に用いる。
釣藤鈎には熄風解痙の作用があり、天麻、石決明、全蝎などを配伍して使用する。
もし熱盛による動風であれば、羚羊角、竜胆草、菊花などを配伍して使用する。
2.肝経に熱があり、頭痛、頭重、あるいは肝陽上亢によるめまい、眩暈などに用いる。
釣藤鈎には清肝熱の作用があり、平肝陽の作用もある。
臨床では、夏枯草、黄芩などを配伍し、清肝熱に使用し、菊花、石決明などを配伍して平肝陽に使用する。
また釣藤鈎には降圧作用があり、肝熱陽亢による高血圧に対して、治療効果がよい。

0 件のコメント:

コメントを投稿