2017年8月29日火曜日

香附子(コウブシ)


疏肝理気、調経止痛
1.肝気鬱滞による側胸部、季肋部痛、腹部脹痛、脱腸痛などの証候に使う。
胸肋痛には、柴胡、白芍薬、枳殻などを配伍し、肝気犯胃、中小の気機不暢には、木香、仏手などを併用し、寒凝気滞による胃痛には、高良姜を配伍する。
すなわち方剤例は良附丸である。
寒疝の腹痛には小茴香、烏薬などを併用する。
2.生理不順、生理痛、乳房が脹痛などの証候に使用する。
香附子は婦人科の常用薬で、特に肝気鬱結による生理不順、腹痛、乳房が脹る証候を随伴する場合に、よく使われる。
当帰、川芎、白芍、柴胡などを配伍し、疏肝行滞、調和気血をする 。
乳房に結塊があって、生理が来る前に脹る感じがあるものには、柴胡、当帰、瓜萎、青橘葉などを配合して、行気和営、疏肝散結をする。
※性味の苦寒は激しいから胃気を傷つけないように大量に使用することを避ける。
食欲不振や陰虚で湿熱がないときには、禁忌である。

0 件のコメント:

コメントを投稿