2017年8月22日火曜日

大棗(タイソウ)


補中益気、養血安神、緩和薬物
1.中気不足、脾胃虚弱、倦怠無力、食欲不振、泥状便に適する。
大棗には補中益気の効果があり、党参白朮茯苓などを配合して、効果が強められる。
2.血虚萎黄、婦人の臓躁(更年期症候群に相当する)に適する。
大棗には補中益気の効果があり、党参白朮茯苓などを配合して、血虚による萎黄症に効果がある。
甘草小麦を配合して、婦人の血虚による臓煩躁、精神不安定に用いる。例:甘麦大棗湯
また、よく作用が激烈な薬物に配合して、薬性を緩和する。
たとえば、葶藶子に大棗を配合して葶藶大棗瀉肺湯となる。
これは瀉肺平喘利尿の作用が強いが、肺気を傷めない。
大戟芫花甘遂に配合して、十棗湯となり、瀉水袪痰でき、脾胃を傷めない。
本品はよく生姜と配合され使用される。
たとえば、解表薬に大棗と生姜を配合すると、生姜は衛気を扶助して発汗の作用を強めて、大棗は営血を補養し、発汗しすぎて営気を傷害することを防ぐ。
補益薬に大棗と生姜を配合すると、生姜は和胃調中の作用をはたし、大棗は補脾益気の作用をはたすので、食欲が増し、補養薬がよく吸収されて、薬物の効果が上がる。

0 件のコメント:

コメントを投稿