2017年8月23日水曜日

茯苓(ブクリョウ)


利水滲湿、健脾安神
1.尿量減少、浮腫、痰陰などの水湿停滞証に用いる。
茯苓は利水しても、正気を傷つけず、薬理作用は穏やかで、利水滲湿の要薬である。
水腫、痰飲のどちらにも適用する。
利水滲湿の作用を強めるために、常に猪苓、沢瀉を配合する。
また湿熱、寒湿など違った病証によって、他の薬物を配合する。
たとえば、湿熱には車前子、木通を、寒湿には附子、乾姜を配合するなどである。
さらに茯苓は健脾の作用がある。
脾虚のため、水湿が停滞した病証には、標本兼治の効果がある。
痰飲による眩暈、動悸、咳嗽などにも要薬である。
白朮を配合すると健脾利湿の効力を増強することができる。例:五苓散、苓桂朮湯。
2.脾虚証に用いる。
脾虚によって、体がだるい、食欲不振、泥状便などの症状に、いつも党参、白朮、甘草など補脾薬を配合する。例:四君子湯。
3.心悸、失眠に用いる。
本品は寧心安神できる。
常に朱砂、酸棗仁、遠志などの安神薬といっしょに用いる。

0 件のコメント:

コメントを投稿