2017年8月23日水曜日

山薬(サンヤク)


益気養陰、補肺脾腎
1.脾気虚弱、食欲不振、泥状便あるいは下痢に用いる。
山薬には、補脾気益脾陰の効果があり、渋性も兼ねて止瀉作用がある。
常に、人参、白朮、茯苓などを配合する。例:参苓白朮散。
2.肺虚喘咳に用いる。
山薬には肺気と肺陰を補う作用があり、肺虚による慢性咳嗽あるいは祛喘に効果がある。
一般には、党参、麦門冬、五味子などを配合して使用する。
3.腎虚による遺精、頻尿、婦人の帯下病に用いる。
山薬には補腎、固渋の作用があり、熟地黄、山茱萸を配合して、腎虚遺精の治療に使用する。例:六味地黄丸。
益智仁、烏薬を配合して、腎虚、頻尿の治療に使用する。例:縮泉丸。
婦人の帯下が過多になるのは、脾虚有湿あるいは腎虚不固と関係がある。
山薬に党参、白朮、車前子などの健脾利湿薬を配合して、脾虚有湿による帯下過多症の治療に用いる。
帯下が黄色いのは湿熱によるもので、黄柏を加えるべきである。
腎虚不固による帯下過多症を治療するときには熟地黄、山茱萸、莵絲子などの補腎固渋薬を配合して使用する。
また、山薬には補気養陰の効果があり、消渇の治療に効果がある。
毎日250gずつ水煎して茶の代わりに服用するか、黄耆、葛根、知母、天花粉などを配合する。例:玉液湯。

0 件のコメント:

コメントを投稿