2017年8月22日火曜日

葛根(カッコン)


発表解肌、升陽透疹、解熱生津
1.外感による発熱、頭痛、無汗、項背強痛(頭、背部に攣縮感がある)証に用いる。
本品は解肌発汗する。
風寒表証には、常に桂枝、麻黄、白芍を配伍する。
もし、風熱表証に内熱を兼ねていたら、解肌清熱薬の黄芩、石膏、柴胡などを配伍する。例:柴葛解肌湯。
2.麻疹初起の発熱、悪寒、透疹不暢の証に用いる。
本品は昇発清陽、鼓舞脾胃清陽の気を上亢すなわち止瀉痢する。
升麻を配伍する。例:升麻葛根湯。
3.湿熱瀉痢や脾虚腹瀉に用いる。
湿熱下痢に、黄連、黄芩などの清熱薬を配伍する。例:葛根芩連湯。
脾虚による泥状便、水様便には党参、白朮、木香を配伍する。例:七味白朮散。
4.熱病による煩渇および消渇証による口渇多飲に用いる。
単用、あるいは麦門冬、天花粉、地黄などを配伍する。例:玉泉散。
このほか、現代では葛根は高血圧の脳病に用いる。
頭痛、頭がふらつく、項強、耳鳴、肢体のしびれなどの症状の改善に効果がある。
多くは、その他の降圧薬を配合応用している。

0 件のコメント:

コメントを投稿