2017年8月29日火曜日

山椒(サンショウ)


温中、止痛、殺虫
1.脾胃虚寒証に、腹部の冷痛、嘔吐、下痢などに用いる。
花椒は温中止痛、暖脾止瀉の作用がある。
脾胃虚寒、脘腹冷痛、嘔吐には、人参、乾姜、飴糖などを配合する。例:大建中湯。
また単味で熱くなるまで炒めて、布袋に入れて痛いところを温熨する。
もし、寒湿による下痢には、蒼朮、厚朴、陳皮などを配伍する。
2.回虫による腹痛、嘔吐などに用いる。
本品は殺虫止痛作用がある。
単味で、あるいは複方で使用する。
常に烏梅、乾姜、黄連などを配伍する。例:烏梅丸。

0 件のコメント:

コメントを投稿