2017年8月29日火曜日

百合(ビャクゴウ)


潤肺止咳、清心安神
1.肺陰虚、肺熱による咳嗽、喀血に用いる。
肺熱による慢性咳嗽、痰に血が混じるなどには、款冬花を配合する。例:百花膏。
肺陰虚による咳嗽、咽痛、喀血には、乾地黄、玄参、貝母などを配合する。例:百合固金湯。
2.煩躁、動悸、不眠、多夢に用いる。
発熱性疾患の回復期で余熱が残っていることによる前述した症状には、知母あるいは地黄を配合する。例:百合知母湯。百合地黄湯。

0 件のコメント:

コメントを投稿