2017年8月23日水曜日

茴香(ウイキョウ)


散寒止痛、理気和胃
1.寒疝(腸の疝痛)、睾丸や副睾丸の腫脹性疼痛などに用いる。
本品は肝気を疏泄し、胃寒を温散し、痛みを止めることができる。
臨床には、よく暖肝温腎、行気止痛薬を配伍する。
たとえば下腹部の冷痛を治療する暖肝煎は、肉桂、沈香、烏薬などを用いる。
睾丸の腫痛を治療する香橘散は、本品に橘核、山楂を配伍し、みな細末にして炒めて、温かい酒で服用する。
2.胃寒による嘔吐、食欲不振、腹部脹痛などに用いる。
本品は理気和胃、開胃進食の効能がある。
芳香性の健胃薬として用い、乾姜、木香などを配合する。

0 件のコメント:

コメントを投稿