2017年8月28日月曜日

阿膠(アキョウ)


補血止血、滋陰潤肺
1.血虚による眩暈、心悸などの病証に用いる。
本品は良好な補血薬で血虚諸症に適用する。
多くは党参、黄耆、当帰、熟地黄などの補気養血薬と配伍する。
2.吐血、衄血、血便、不正性器出血に用いる。
阿膠は止血の主要薬で、単味で使用しても効果があるが、常に他の薬物を配合して用いる。
『千金翼方』では、蒲黄、乾地黄を配合し、吐血に使用すると述べている。
吐血、鼻出血、血便、不正性器出血には、竈心土、乾地黄、黄耆、附子などを配合する。例:黄土湯。
不正性器出血、月経量の過多、妊娠下血、流産後の持続的な出血には、生地黄、白芍、艾葉炭などを配合する。例:膠艾湯。
3.陰虚による煩躁、不眠などの病証に用いる。
阿膠は、補血のほか、滋陰の作用もある。
たとえば熱病で陰液を損傷したことによる煩躁、不眠を治療する黄連阿膠湯は、阿膠に黄連、白芍、鶏子黄を配合したものである。
4.陰虚肺燥による咳嗽に用いる。
阿膠は滋陰潤肺の効能がある。
たとえば肺陰虚の内熱による咳嗽、咽喉乾燥、痰が少ない、あるいは痰に血が混じるなどに、馬兜鈴、牛蒡子、杏仁などを配合した、補肺阿膠湯がある。
壮熱が肺を損傷したことによる乾咳、無痰、呼吸促迫、煩躁、口渇、咽喉や鼻腔の乾燥などには、生石膏、杏仁、桑葉、麦門冬などを配合する。例:清燥救肺湯。
※阿膠はしつこくて消化されにくいので、脾胃虚弱による食欲不振、消化不良、嘔吐、下痢などには禁忌。

0 件のコメント:

コメントを投稿