2017年8月28日月曜日

防已(ボウイ)


祛風湿、止痛、利水
1.風湿痺痛に用いる。性は寒であるので、湿熱証に適用する。
寒湿による痺痛に対しては、桂皮附子などの温経止痛薬を配合しなければならない。
2.水腫、腹水、脚気の浮腫に用いる。
利尿、下焦の湿熱を清利することができる。
常に利水退腫薬と配伍する。
たとえば、葶藶子椒目大黄を配合すると、已椒葶黄丸となる。
虚証なら、益気健脾薬を配合する。例:防已黄耆湯。
3一般に漢防已(S.tetcrandra S. Moore)は利水退腫の作用が強い。
木防已(A.westlandi Hemsl)は祛風止痛の効果が良いと認められている。
※性味の苦寒は激しいから胃気を傷つけないように大量に使用することを避ける。
食欲不振や陰虚で湿熱がないときには、禁忌である。

0 件のコメント:

コメントを投稿