2017年8月25日金曜日

蘇葉(ソヨウ)


発表散寒、行気寛中、解魚蟹毒
1.感冒風寒、発熱悪寒、頭痛鼻塞、咳嗽、胸悶を伴う者に用いる。
発散表寒、開宣肺気には生姜と一緒に用いることができる。
咳嗽のある者には、杏仁、前胡を配伍する。例:杏蘇散。
気滞による胸悶には、香附、陳皮などを用いる。例:香蘇散。
2.脾胃気滞による嘔吐、胸悶などの証に用いる。
紫蘇葉は理気寛中、和胃止嘔の作用を持つ。寒に偏る者には藿香を、熱に偏る者には黄連を、気滞痰結に偏る者には半夏、厚朴を配伍する。
魚蟹による中毒で、嘔吐、下痢、腹痛などの症状があるときには紫蘇を単独で、あるいは生姜、白芷を配合し、煎服する。

0 件のコメント:

コメントを投稿