2017年8月29日火曜日

蓮肉(レンニク)


補脾止瀉、益精固腎、養心安神
1.脾虚による慢性下痢、食欲不振に用いる。
多くは人参、白朮、茯苓、山薬などを配合する。例:参苓白朮散。
2.腎虚による遺精、滑精に用いる。
たとえば遺精、滑精を治療する金鎖固精丸は、蓮子に沙苑子、竜骨、牡蠣、蓮鬚などを配合したものである。
3.心腎不交による煩躁、動悸、不眠に用いる。
麦門冬、茯神、柏子仁などの清心安神薬を配合する。
このほか、不正性器出血、帯下過多などの病症に用いられる。
その益腎、固渋の作用を利用する。
※便秘の者は服用しない方がよい。

0 件のコメント:

コメントを投稿