2017年8月22日火曜日

麻黄(マオウ)


発汗、平喘、利水
1.外感風寒による悪寒発熱、頭痛、身体疼痛、鼻塞、無汗、脈浮緊などの症状がある表実証に用いられる。
本品は肺気を宣発し、腠理を開き、風寒を発散する発汗解表薬である。
常に桂枝と相須で配伍すると、発汗解表の作用がさらに増強する。例:麻黄湯
2.風寒外束、肺気が留まることによる喘咳証に用いられる。
肺気を宣発し、風寒を発散して平喘する。
杏仁と甘草を配伍すると三拗湯で、平喘の効能が増強する。
もし内に寒飲があれば、細辛、乾姜、半夏などを配伍し、温化寒飲、平喘止咳の作用が増強する。例:小青竜湯。
もし、熱邪が肺を壅ぎ喘咳する者には、石膏、杏仁、甘草などを配伍すると、清肺平喘できる。例:麻杏甘石湯。
3.水腫と表証を兼ねるときに用いる。本品は発汗利水し、水腫を直す。
常に生姜、白朮などとともに使う。例:越婢加朮湯。
このほか、麻黄は温散寒邪の作用があり、その他の相応の薬物を配伍すると風湿痺痛及び陰疽、痰核などの証を治す。

0 件のコメント:

コメントを投稿