2017年8月29日火曜日

丁子(チョウジ)


温中降逆、温腎助陽
1.胃寒による嘔吐、呃逆、食欲不振、下痢などに用いる。
丁香は温中散寒で、顕著な降逆作用があり、胃寒による嘔吐、呃逆に対する要薬である。
虚寒による呃逆には、常に人参、生姜とともに用いる。例:丁香柿蒂湯。
胃寒による嘔吐には、半夏を配合する。
脾胃虚寒による嘔吐、下痢、食欲不振には、砂仁、白朮を配合する。
2.腎陽不足によるインポテンツ、下肢が無力などに用いる。
本品は腎陰助陽の効能がある。附子、肉桂、巴戟天などを配合する。

0 件のコメント:

コメントを投稿