2017年8月28日月曜日

蒼朮(ソウジュツ)


燥湿健脾、祛風湿
1.湿阻中焦証に用いる。
蒼朮は芳香燥烈で、燥湿健脾の作用が強い、湿阻中焦、運化失調により起った上腹部が張って苦しい、食欲不振、吐き気、嘔吐、倦怠無力感、舌苔が濁膩などの症候には、主薬となる。
常に厚朴、陳皮など行気、燥湿の薬物を配伍する。例:平胃散。
痰飲、水腫など湿邪が盛んである病証にも用いられる。
2.風寒湿による痺証や下肢の腫痛、無力などに用いる。
辛は発散、温は燥湿できるので寒湿偏勝の痺証に適している。
発汗作用があるので、外感表証にも用いられる。
羗活、防風、細辛などを配合して、風寒湿偏勝による四肢の疼痛が激しいものに使用する。
湿熱下注による下肢の腫痛、無力には、黄柏を配合すべきで、寒温併用する。例:二妙散。
このほか、本品は明目作用がある。
夜盲症、角膜軟化症などに使用する。
単味で服用するか、豚と羊の肝臓と一緒に煮て食べる。

0 件のコメント:

コメントを投稿