2017年8月28日月曜日

桃仁(トウニン)


活血祛瘀、潤腸通便
1.生理痛、血滞による無月経、産後瘀滞による腹痛、癥瘕、打撲損傷、瘀阻疼痛、肺化膿性疾患、急性虫垂炎などの症候に用いる。
桃仁の祛瘀の力が強い、瘀血阻滞による婦人科の疾患および癥瘕痞塊には、紅花、当帰、川芎、赤芍薬などを配合する。例:桃紅四物湯。
損傷瘀痛には、よく紅花、当帰、酒大黄、穿山甲などを配合する。例:復元活血湯。
肺化膿性疾患、急性虫垂炎の初期はみな熱鬱瘀滞に属し、ゆえに清熱薬を使うと同時に桃仁を補助薬として使用する。
泄熱消癰を助けることができる。
前者に対して、鮮芦根、冬瓜子、薏苡仁を配合する。例:葦茎湯。
後者に対して、大黄、牡丹皮、冬瓜子、芒硝を配合する。例:大黄牡丹湯。
みな桃仁の化滞散瘀の効能を利用するのである。
2.腸燥の便秘に用いる。
桃仁は潤燥、滑腸の作用があり、火麻仁、瓜荽仁などを配合する。
その他、桃仁は咳止め作用があり、咳嗽、呼吸困難に輔助薬として用いる。
※妊婦には使用しない。

0 件のコメント:

コメントを投稿