2017年8月28日月曜日

知母(チモ)


清熱瀉火、滋陰潤燥
1.温熱病の邪熱亢盛、壮熱、煩渇、脈洪大などの肺胃実熱証に用いる。
知母には清熱瀉火除煩の効能があるから、石膏を配伍する。例:白虎湯。
2.肺熱咳嗽、陰虚燥咳、痰稠、乾咳に用いる。
貝母を配伍する。例:二母散。
3.陰虚火旺、肺腎陰虚による骨蒸潮熱(身体の中から熱が蒸発してくるように感じる)、盗汗、心煩などの証に用いる。
黄柏、養陰薬を配伍する。例:知柏地黄丸。
4.陰虚消渇、口渇、多飲、多尿者に用いる。
天花粉、五味子を配伍し、効果を増強する。例:玉益湯。

0 件のコメント:

コメントを投稿