2017年8月23日水曜日

柴胡(サイコ)


和解退熱、疏肝解鬱、昇挙陽気
1.傷寒、邪が少陽にあり、寒熱往来、胸脇苦満、口苦、咽乾き、目眩などの証に用いる。
本品は疏肝半表半泄熱の効能があり、少陽証要薬として治療に用いる。
常に、黄芩、半夏を配伍する。例:小柴胡湯。
外感発熱に対して透表泄熱の効能があり、甘草を配伍する。例:柴胡散。
あるいは葛根を配伍する。例:柴葛解肌湯。
現代、柴胡で注射剤を作って、外感発熱に対して解熱効果がある。
2.肝気鬱結による胸肋脹痛、頭痛、生理不順、生理痛などに用いる。
柴胡は、肝気を条達でき、疏肝解鬱する。
常に白芍、当帰を配伍し、作用を増強する。例:逍遙散。
胸脇脹痛に対して、香附、川芎、枳殻を配伍する。例:柴胡疏肝散。
3.気虚下陥による脱肛、子宮脱垂および短気、倦乏などの証に用いる。
本品は気を昇清陽でき挙陥する。
常に升麻、党参、黄芩、白朮など補脾益気薬を配伍する。例:補中益気湯。

0 件のコメント:

コメントを投稿